座席強度試験


概要

下記のような座席の改造をすると、安全性の面から車検に合格できない場合があります。
そこで、座席の強度試験を行い、座席の強度が国の定める強度以上あること確認し、陸運局に届け出ることで、車検に合格することができます。

次のよう場合強度試験必要となることがあります。

  • 車両を改造し、新たに座席を設置した
  • 座席を改造し、形状を変更した。
  • 3人掛け座席を切断し、1人掛けに変更した
    など

a:2278 t:2 y:2