インストルメントパネル衝撃吸収の技術基準適合試験

概要

インストルメントパネルをオリジナルで製作し装着したり、右ハンドルから左ハンドルに改造するなどステアリング位置の変更に伴い改造を施した場合。また、市販車のインストルメントパネルを改造し、コンセプトカーを製作した。などの場合、加工の内容によりインストルメントパネルに国の定める方法で衝撃を加え、技術基準に適合する性能を有するかを判定する必要があります。

適用範囲
この技術基準は、専ら乗用の用に供する自動車(乗車定員11人以上の自動車、二
輪自動車、側車付二輪自動車、カタピラ及びそりを有する軽自動車並びに最高速度
20km/h未満の自動車を除く。)のインストルメントパネルに適用する。

試験目的
試験車両型式に付属するインストルメントパネルを国の定めるインストルメントパネルの衝撃吸収技術基準への適合性を判断するために、適合試験を行い、性能を確認する。

試験方法
頭部模型をインストルメントパネルに衝突させ、頭部模型に発生する衝撃吸収状態を測定する。

判定基準
試験を行ったとき、頭部模型に発生する衝撃吸収状態が、国の定める基準に適合すること。


試験に関するご相談は、以下のお問い合わせボタンからお願いいたします。


a:1604 t:5 y:1