サスペンションスプリング

サスペンションスプリングのワンオフ製作

画像の説明

自動車のサスペンションは大変重要な役目をになっています。
サスペンションが機能を果たせなくなると、操縦安定性が極端に悪化し、運転者、乗員の生命までもが危険にさらされる可能性がある、大変重要な機能部品です。


Gallery


特注S/PクラウンGRS210
クラウンGRS210特注スプリング

特注S/PプリウスZVW30
プリウスZVW30特注スプリング

特注S/Pリスト一部ご紹介
特注スプリング一部をご紹介


概要

自動車用のサスペンションスプリングは、常時1000~3000kg程度の車体重量を支えながら非常にコンパクトであることが求められるため、鋼材の特性の中でも大変厳しい条件で使用されています。綿密に設計して良質な材料を使用し、適切な製造管理がなされないとヘタリや折損など、重大なトラブルが生じる可能性もあります。
さらに、車の使用終了までの数年から数十年間もの期間、ずっと最大性能を発揮し続けなければならない部品ですので、非常に部品の寿命が長くなければなりません。
技術力や長い経験が求められる大変特殊な分野です。

自動車用のサスペンションに使われる緩衝用のスプリング、バネにはいくつかの材料、方式があります。
リーフスプリング(板ばね)、コイルばね、ネジリばね(トーションバー)、空気ばね(エアーサスペンション)、流体ばね(油圧などを用いる。ハイドロリックサスペンション)などの方式があります。


自動車のサスペンションに求められている基本性能


  • 車輪保持機能
    自動車の基本機能である「走る」「曲がる」「止まる」を実現するために、車体と車輪の連結を保持しなければなりません。車両重量や積載重量の変動、走行時の駆動力、旋回時の遠心力、制動力に対する強固な強度と耐久性が必要です。
  • アライメント制御機能
    ねらい通りの車両運動特性を可能にするためには、タイヤの接地状態を適切な状態に制御しなければなりません。
  • 緩衝機能
    走行中の車体、積み荷などの保護、乗員の快適性確保のために路面の凹凸などから生じる不快な振動や音を抑制するとともに、車体姿勢変化を抑制します。
  • ストローク規制機能
    サスペンションが設定以上に上下動(ストローク)すると、タイヤと車体の干渉、可動部分の破損などの問題が生じます。
    これらを防止するために、過度に動かないためのストッパ機能が必要です。
  • その他
    客室、荷室のパッケージング、デザインなどの多様化に伴い、小型軽量コンパクトでありながら上記の性能がバランスよく実現できることが重要視されるようになっています。


サスペンションスプリングが抱える問題

自動車用の多くのサスペンションに使われるコイル状のスプリングは大変厳密な製造管理、熱処理管理、特殊鋼が使われ、自動車メーカーが採用している純正部品はバネとして非常にレベルの高い良質のもの、最適設計がなされています。

実際、日本で純正バネを自動車メーカーから製造指定を受けている製造会社は三社しかないそうです。
その三社のもとで自動車サスペンション用純正バネを製造している会社は日本にはさらに少なく、純正部品指定されているバネメーカーも数社しかないといわれています。

自動車用のスプリングは要求性能が大変高く、特殊鋼材の入手、熱処理技術、長期間にわたって使用される部品であることなど、大変難しい側面が多いので、お近くのバネ屋さんでは自動車用のスプリング製造を問い合わせても断られる場合が多い事情も見受けられるようです。
作成してもらったとしても非常に短い期間でへたってしまったなどの話もよく聞きます。

ホイールベース延長加工や特殊設備の設置など、大変重量が重くなって標準車装着のバネでは不足な場合、スプリングの強化が必要なことが大変多くなりますが、なかなか希望の性能(車高や乗り心地など)を持ちながら品質の高い自動車用バネを製作することは難しいのが現状です。


自動車用サスペンションスプリングの製作相談

当社ではサスペンション用純正コイルスプリング製作を行うごくわずかな会社との協力関係が実現し、車体の加工分野の方面では大変重要な車体重量を支えるバネの製作相談を受けることができるようになりました。
大変品質の良いバネをご提供できます。要求品質の非常に高い純正部品と同じレベルです。
(自動車メーカー純正部品のバネを製作している工場ですので、ご相談のものについても純正部品と同じ材料、製作工程による製造がなされます。)

ホイールベース延長リムジン加工や特殊設備の設置など、大幅な重量増が伴う車体加工分野の場合、標準装着のバネでは容量不足になるのでスプリングを強化することが必要なことが大変多くなりますが、そうした分野でお困りの方はどうぞご相談ください。

純正形状をベースとした最適設計ばね、車高アップ/ダウン、塗装色などのご要望に応えることが可能です。
また、オリジナルスプリングの製作(少量、多量どちらでもご相談ください)、塗装についてもご希望を最大限取り入れたオリジナル色が可能です。


製作依頼

  • 加工に必要な情報および部品等
    • 各部寸法(仕様書を準備しております)
    • 無加工車両の標準重量
    • 加工後の重量
    • 加工車両の純正スプリング

※二輪車用のスプリングのお尋ねも可能です。四輪用と同じ設計手順が必要ですので、ご希望をお知らせください。


  • 製作期間
    • ご相談内容に合わせて特別に設計する特注品につき、長めの製作期間が必要ですので、早い納期を望まれてもご希望通りの納品ができないことがあることをご了承ください。
    • 標準的なスプリングで、設計に約一週間、製作に一カ月程度(製作内容により変動します)


  • 注意事項
    • 調査が必要な場合、別途費用をご請求させていただくことがあります。
    • ご相談内容を検討した結果として、性能と設計が成り立たないこともあり、お断りしなければならない場合もあります。


  • その他
    バネのカットは大変危険です。バネは設計して使用する部品であるため、カットや加熱などの作業をして設計バランスや材料強度を落としてしまうと、材料内部の応力状態が変化し、バネとしての正常な機能を果たせなくなって破損に至る可能性が大変高くなります。乗員の命に関わりますので絶対に避けてください。
    バネ表面は材料表面に傷がつくのを避けるために、分厚い塗装処理がしてあります。バネは高強度部品のため、傷や切り欠きに対する感受性が大変高く、飛び石等の傷や塗料がはげてしまった後の錆によって応力集中が起こり、折損する可能性が大変高くなりますので、スプレー等によるご自分での塗装はおすすめできません。
    a:6775 t:1 y:5